• 邦画・洋画の面白さを伝えます

『ライアー ライアー』/映画レビュー(洋画)/主演 :ジム・キャリー/アメリカ/コメディー映画

『ライアー ライアー』

基本情報

公 開1997年
監 督トム・シャドヤック
時 間87分
出 演ジム・キャリー
モーラ・ティアニー
ジャスティン・クーパー
音 楽ジョン・デブニー
配 給ユニバーサル映画
興行収入$302,710,615

ライアーライアー デラックス・エディション [ ジム・キャリー ]

価格:1,100円
(2022/2/28 16:34時点)
感想(3件)

あらすじ

フレッチャー・リード(ジム・キャリー)は一流の弁護士であるが嘘をついて無罪を勝ち取ることが得意な男だった。常に嘘をつきながら上手く生活をしていたのだが、妻のオードーリーに愛想をつかされてしまう。それでも、嘘で切り抜けようとするリードの対して息子のマックスは1日だけ嘘をつきませんようにと神に願ってしまう。

映画紹介一覧ページへ

関連記事:『ライアー ライアー』ジム・キャリーが演じる嘘ばかりつく敏腕弁護士が嘘がつけなくなったら?(映画)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。