• 邦画・洋画の面白さを伝えます

『ノイズ【noise】』/映画レビュー(邦画)/主演:藤原竜也・松山ケンイチ/サスペンス映画

『ノイズ【noise】』

基本情報

公 開2022年
監 督廣木隆一
時 間128分
出 演藤原竜也
松山ケンイチ
神木隆之介
黒木華
伊藤歩
渡辺大知
酒向芳
迫田孝也
鶴田真由
波岡一喜
寺島進
余貴美子
柄本明
永瀬正敏
音 楽大友良英
配 給ワーナー・ブラザース映画
興行収入ー億円
H  Phttps://wwws.warnerbros.co.jp/noisemoviejp/

【公式オンラインサイト】ラ・メゾン・デュ・ショコラ

あらすじ

過疎化していた猪狩島の泉圭太(藤原竜也)が生産している黒イチジクが高く評価されていて希望の星になっていた。しかし、元受刑者の小御坂睦雄が島に訪れたことで不穏な空気が流れる。そんな時に、娘が行方不明になったことで幼なじみの猟師・田辺純(松山ケンイチ)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)の3人は小御坂を疑い追い詰めたが誤って殺害してしまった。3人は殺害を隠そうとするが…。

映画紹介一覧ページへ

関連記事:『ノイズ【noise】』過疎化した離島の人々を巡るサスペンス映画

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。