• 邦画・洋画の面白さを伝えます

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』/映画レビュー(洋画)/フランス/ミステリー映画

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

公 開2020年
監 督レジス・ロワンサル
時 間105分
出 演ランベール・ウィルソン
オルガ・キュリレンコ
配 給Mars Films(仏)
ギャガ(日)
興行収入$2,023,543(仏)
H  Phttps://gaga.ne.jp/9honyakuka/
「大幅減量」ダイエットTV番組でエルセーヌがサポート

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』あらすじ

フランスのある村の洋館に9ヵ国の翻訳家が集められた。全世界で人気なミステリー小説『デダリュス』完結編の翻訳本を世界同時に発売するためである。流出を恐れた出版社は9人を隔離生活させて翻訳をさせる。外出だけでなくスマホ禁止された空間で、毎日20ページづつ渡されて翻訳をしていた。しかし、出版社の社長宛に「冒頭10ページをネットに公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ、次の100ページも公開する。要求を拒めば、全ページを流出させる」という脅迫メールが届く。隔離した空間で一体誰が情報を流しているのか。

関連記事:『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』フランスのミステリー映画作品

9人の翻訳家 囚われたベストセラー [ ランベール・ウィルソン ]

価格:4,121円
(2021/10/7 15:19時点)
感想(0件)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。