• 邦画・洋画の面白さを伝えます

『本能寺ホテル』/映画レビュー(邦画)/主演:綾瀬はるか/ファンタジー映画

『本能寺ホテル』

公 開2017年
監 督鈴木雅之
時 間119分
出 演綾瀬はるか
堤真一
濱田岳
音 楽佐藤直紀
配 給東宝
興行収入10.1億円

『本能寺ホテル』あらすじ

倉本繭子は勤めていた会社が倒産して何をするかを悩んでいた時に、交際をしている交際している吉岡恭一からプロポーズされ婚約をする。そして、繭子は恭一の両親の祝賀パーティーのため一足先に京都を訪れる。しかし、予約していたホテルは手違いで泊まれなかったので、路地裏にある「本能寺ホテル」に泊まることになった。そのホテルのエレベーターに乗って金平糖を食べると本能寺の変前夜にタイムスリップしてしまうのであった。

関連記事:『本能寺ホテル』タイムスリップで本能寺の変前夜の織田信長に会いに行く映画

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。